代替わり品

私はこの仕事を始めて10年になります。

先代の父が64歳で急逝して今日で10年の命日でもあります。

 

当時、サラリーマンをしていた私は家業を継ぐかたたむかの選択を迫られました。

祖父、父と受け継がれた電気工事の仕事、辞めてしまうのは勿体ないと職人さんや取引先のお客さんからの説得もあり、一大決心をしたのが昨日のように思い出されます。

 

24時間シフト制の仕事に加えて、社会人大学生となってまだ一年目だった私は四苦八苦しており、そこに慣れない家業まで乗っかってくることは無茶がありました。

それでも周囲の協力を得て、何とか電気工事の仕事を現場で覚えながら、まさに目まぐるしいほどの勉強の日々でした。

 

さて、この写真は何かというと、昨日交換作業したブレーカーです。

左は平成の30年間を駆け抜けた旧ブレーカー、右は新しいブレーカーの空き箱です。

 

このように代替わりするものを見るたびに、亡き先代のことが思い出されます。

あれから10年、まだまだ職人としてベテランとは言い切れませんが、これからも必要としてくださるお客様のために汗をかいていきたいなと思っております。

 

長島電業社はたくさんの方に支えられ、今日まで続いております。

電気、空調のトラブルがありましたら、お気軽に長島電業社へお問い合わせください。


一覧ページに戻る